建築家住宅のお役立ち情報がいっぱい!

建築家住宅にかかるトータル費用

建築家住宅にかかるトータル費用 建築家住宅いわゆるデザイナーズハウスを建てると、ハウスメーカーに頼むより高額になるイメージがあります。家を建てるときにかかる費用は、A設計費+B工事費です。建築家住宅はAの金額が別建てで発生しますが、ハウスメーカーに一任すると総額が提示されるので、割安に感じられるのでしょう。Aの金額は建築士法で定められたガイドラインに沿って決まるので、よほど著名な建築家でない限り、法外な値段を請求されることは殆どありません。設計費は工事代金の10~15%で設定されることが多いので、たとえば工事費3000万円なら300万円~450万円くらいが相場です。もし人気の高い建築家などに依頼して20~25%の費用がかかった場合は、工事費3000万円なら600万円~750万円となります。つまり工事費と設計料を合わせて3300万円~3750万円がトータルの金額です。メーカーに依頼するとトータル金額で提示されるため割安に感じられるかもしれませんが、工事の代金の中に設計料も含まれているので、必ずしもお得とはいえません。

建築家住宅も希望すればローコスト住宅にできる

建築家住宅も希望すればローコスト住宅にできる 建築家住宅というと、一般的に大金を払って設計をしてもらい高い材料を使って建てるハイコスト住宅というイメージがあります。でも、実際には建築家とよく話し合うことでローコスト住宅にできます。建築家住宅で、どのようにコストを削っていくのかというと、例えば工事がしやすいようにシンプルな間取りや構造にすれば、使う材料を減らせます。あとは材料の規格を見直して大量生産されているものを選んだり、メンテナンスをしなくても長持ちする材料を選ぶやり方もあります。施主が積極的に協力できるようであれば、あえて未完成にしておき最後の仕上げなどを施主自らが行うセルフビルドというのも人気です。セルフビルドであれば、仕上がりが落ちてしまいますがプロの職人を雇う人件費を削れます。ただ、ローコスト住宅にするのであれば、短期的な視点だけでなく長期的な視点で見なければいけません。壊れやすい建築家住宅であれば、修繕や建て直しをしなければいけませんから、コストを削減した意味がなくなります。

新着情報

◎2023/09/27

情報を追加しました
>建築家住宅は趣味で建築しない方が良い理由
>建築家住宅の家にはプールがある必要があるのか
>建築家住宅を選ぶ場合屋上に気をつけておくこと
>建築家住宅でマイカーの置き場所をしっかり選ぶ
>建築家住宅はバーチャルを活かして住み心地の良さを伝える

◎2022/11/17

情報を更新しました。
>建築家住宅を依頼するには契約が必要になります
>建築家住宅を建てるなら重要な建築家のセンスや相性
>土地探しから始める建築家住宅の新築工事とは
>建築家住宅は打ち合わせで希望を伝えられる
>デザインが特徴的な建築家住宅を建てるメリット

◎2022/1/17

情報を更新しました。
>建築家住宅は平均価格を知っておくことも重要
>建築家住宅とはどんな住宅でどんな魅力があるのか
>建築家住宅に機能性も求めるなら、このポイントを抑えよう!
>理想の建築家住宅を建てるために重要な建築家の発想力
>建築家住宅を建てるなら考えておきたい子供のこと

◎2022/8/25

照明にもこだわる
の情報を更新しました。

◎2021/5/27

建築家住宅がおすすめの理由
の情報を更新しました。

◎2021/4/28

サイト公開しました

3人報酬額より足場組立作業や鉄筋工事請負でもいいけどいくらならしますか? それが重要だし、高額報酬なら建築費用が高額になって採算合わなくなるので、希望額言うのは自由だけど雇用対象にならないよ

返信先:他1市長が建築許可出してるのに第三者という事はないし、 費用持たないから言わなくて良いよね?も当然ない 全て市長に申請しなければならない

返信先:他3膨大なコスト? 建築申請費用は別途払います。 (民間審査機関の場合が多いけど) 上水下水の整備?道路の整備? 通常、市がするものではありません。 指定業者に費用を払って工事します。 もちろん支払いは施主。 市民の対応? むしろそれが市の仕事では?

不動産とリフォーム好きな父親に、建築学科いくなら大学費用くらい出してやると言われたのだけれど…💭また大学行くのどうなんだろう…🎓

-->